忍者ブログ
本日は「人日の節句」です
「人日の節句」というと耳慣れない感じがしますが、日本では「七草粥を食べる日」といえば分かりやすいですよね。


なぜ「人日の節句」と言うの?
他の節句同様に、この人日の節句も中国から伝わった風習です。

他の節句と違い、人日の節句だけはゾロ目日ではありません。

中国の風習では正月の1日は鳥、2日は犬、3日は羊、4日は豚、5日は牛、6日は馬、7日は人、とそれぞれを占う日とし、該当する動物はその日だけは殺さなかったり、大切にしたそうで。

中国時代劇なんかをみると、正月に罪人を赦免にしているシーンがあったりするのですが、それがこの1月7日の人日の節句だったようです。罪さえも帳消しにして人を大切にしようということなのでしょう。

この風習の名前と無病息災という願いだけが残っているのが、日本の人日の節句です。



なぜ七草粥を食べるの?
平安以降に伝わってきた人日の節句は人を大切にする日という考えだけが残った日本。

日本では新年に新しい菜っ葉を摘んで食し、無病息災を願ったり邪気祓いとした「若菜摘み」という風習が平安時代以前からありました。

この若菜摘みと人日の節句がミックスされた結果、1月7日は七草粥を食べる日、となったのです。

ま、どちらも人を労りましょう、無病息災を願いましょうという点については似通っているので、神仏習合な日本においては上手い具合に調和して今日まで残っているのでしょうね。



七草粥は何を入れる?
1.せり
2.なずな
3.ごぎょう
4.はこべら
5.ほとけのざ(コオニタビラコ)
6.すずな(蕪)
7.すずしろ(大根)

最近はスーパーで売ってますが、摘みに行きたい方でよく間違えてしまうのが、ほとけのざ。
子供の頃にピンクの花が咲くひょろっとした草をほとけのざと呼んだりしていましたよね?春の七草のほとけのざはあれではありません。
黄色い花が咲く丈が低くて葉が大きい、田平子がほとけのざです。一般的には小鬼田平子が手に入りやすいですので、探してみてくださいね。




お正月で弱ったら胃腸に優しい七草粥。
今年は作ってみるのもいいかもしれませんよ?

拍手[0回]

PR

2019/01/07 14:06 | 歳時記
恋愛と仕事は分けましょう!失敗する働き方
占い屋をしていると、「いやいや、それややめた方が良いんじゃない?」と思うことは結構あったりします。


「彼がその仕事嫌いって言うです」とか、「仕事もっとどうにかならない?って彼女に言われるんですけど」というのは良くある話です。



こういうとき、恋愛と仕事は分けて考えましょう。



会えなから恋人に嫌われるとか不満を言われると思っていませんか?


それ、恋人が不満を溜め込んだ結果がそこに集約されているだけで、それだけが原因じゃありませんよ。


どんなに仕事が忙しくても、1日最低1通~3通ほど連絡をしてあげるだけで、恋人の不満は軽減される上に、仕事が忙しいのに連絡だけはきちんとしてくれる、とあなたの株が上がります。


恋人と上手くいかないのは仕事のせいではなく、あなたがどれだけ恋人の立場に立った行動が出来ていないかということが問題なんですよね。


仕事は仕事。
恋愛は恋愛。



別の問題だと気付かない限りに、解決策が見つからないなんてことも有りますので、気を付けてくださいね。

拍手[0回]


2018/12/26 20:42 | Comments(0) | 日常
占いはただの道標
占い依存は身を滅ぼす、と常々言ってきたわけですが、依存していませんか?


占いって、その辺の道に立ってる手作り看板と同じなんです。

「この道まっすぐ」と書かれた看板通りに進んでもなかなかたどり着けない方もいますし、方角の見当だけで看板に従わず脇道を見付けて上手いこと目的地にたどり着く人もいます。


どちらがいいとか悪いなんてのはありません。


ただ、結局そこを歩いて目的地を目指すのはその人自身なので、看板としてはこっちですよ、と教える事はできてもそれ以上の干渉はできないわけで。


たまに「あんたはこっちの道じゃなきゃだめよ!」と物凄く人の人生に口と首を突っ込む看板も居ますけどね。


看板が何主張しても、その人の道の先に何があっても責任は取れないんで、信じすぎるのもいかがなもんかと思うわけです。



ほら、ナビもたまに地図ではこっちの方が早いのにって思える意味の分からない遠回りさせたりするでしょう?

占い師もナビみたいな人だっているんですよね。




あなたが持っている最終決定権は手放しちゃダメですよ?

拍手[0回]


2018/12/25 17:33 | Comments(0) | 日常

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]