忍者ブログ
本日は立冬です。

本日は二十四節季の1つ、「立冬(りっとう)」です。

立冬は冬の始まりの頃という意味で、霜降から数えて大体15日後にあたります。

二十四節季には立春、立夏、立秋など「立」という言葉の付いたものがありますが、これは「始まり」という事を意味します。
この様に「立」の付いた節目は四季それぞれにあり、それらを総称して「四立(しりつ)」と言います。



立冬を過ぎると、朝晩の冷え込みが一段と厳しくなり、初霜が観測されたり木枯らしが吹き始め、いよいよ冬の気配を感じられるようになります。



以前も、二十四節季について書いた時にご説明しましたが、そもそもは農業の目安にする暦ですので、農家さんや家庭菜園を楽しむ方、花を育てるのがお好きな方には便利ですよ。

ミカン農家さんはそろそろ、早生ミカンの最盛期を迎えていらっしゃる頃ではないでしょうか。


家庭菜園をなさっている方は立冬を迎えると、寒さに弱い植物の冬支度を始められると良い時期だと覚えておかれれば、耐寒性の弱い植物を枯らすこと無く育てられるでしょう。



因みに我が家ではこの時期、ベゴニア、ハイビスカス、ゼラニウム、折りづる蘭など、耐寒性の低い植物は軒下や室内にお引越しさせています。
地植えの植物にはマルチングや不織布を掛けておくと良いでしょう。


我が家のハーブに関しては、この時期に最も甘くなっているステビアを収穫します。
コキアは収穫までもう少しかな?
秋植えしたルッコラやイタリアンパセリはこの時期、春より肉厚で柔らかい葉が食べられたりします。


食卓においても、何が旬で美味しくなるのかが把握しやすくなります。
冬に美味しくなる葉物野菜や根菜類は霜が降りると、柔らかくなったり甘さも増すのでこれからが美味しくなるんですよ。



冬至ならば、南瓜を食べたり、柚子風呂に入りましょうなんて習慣もありますが、立冬だからこれを食べようというものはありません。


冬の始まりだから、旬の栄養のあるものを食べて冬に備えましょうという感じですね。



思った事をつらつら書いたので、本日は占い屋というより、園芸屋みたいな記事になってしまいました(笑)

拍手[0回]

PR

2018/11/07 13:34 | Comments(0) | 歳時記
占い師の見分け方
お客さんの中には「あそこで占って貰ったけど全然当たってなくて」と仰る方もいらっしゃいます。


占い師の占いの腕が悪いから、と思っていらっしゃるなら、それは違うかもしれませんよ?


勿論、占いの腕が悪いという方もいらっしゃるでしょう。


ただ、占いって、占い師とお客さんの相性というのもあるんです。

例えば、お客さんは優しくフォローしてくれてズバズバ言わない占い師さんに占って欲しい場合、ズバズバ言っちゃう厳しい占い師さんに占って貰ったら、傷付くだけで気落ちする場合もありますよね?

他にも、自分の望む結果だけを聞きたいお客さんも居ますが、それとは真逆の結果をうまく伝えられない占い師だと、お客さんはこの占い師宛にならないと思うんですよね。


お客さんが求める占い師じゃなかった場合、結果的に占いが当たっていたとしても、その占い師は当たらなかった、良くなかったという評価になるんです。



そういうわけで、満足な結果を得るために占い師選びも大切になってくるわけです。


まずネット占い師に関しては、腕の良し悪しは口コミを見ればある程度判断できます。

というのも、人間は感動したり感謝したりすると多くの場合、その思いを相手に伝えようとするからです。

特に匿名で評価できる場合はお客さんの評価はシビアになります。


一番良いのは、お客さんがどう思ったか、何が良かったか、オススメかどうかなどを評価として書かれている場合は、占い師の腕が一定以上あると判断して良いでしょう。


簡単なお礼だけの評価や星だけの場合は、腑に落ちないことも多いけれど、ま、いいんじゃない?という程度の腕前だという判断ができます。


星がかけている場合は評価は内容を読むと理由を書いてある場合が多いですので参考にしましょう。
当たったいたけど欲しい答えと違ったという場合も星を削ってあることがあります。

特に何もなく評価が低い場合は要注意。
占い師の腕も対応もあまり良くない可能性があります。



だから私に占わせろー!
なんて思いません。
当てる自信はあっても、私とは合わない方もいらっしゃいますしね。

折角占ってもらうなら、自分に合った良い占い師に占っていただきたいなぁと思う次第です。

拍手[0回]


2018/11/03 13:09 | Comments(0) | 占い
実は簡単!自分で出来る占い
こんにちは。

最近ブログをサボり気味で
これはいかん!と書いている次第です。

さて、皆さんは占いは難しくて自分じゃ占えない、何か道具が必要だと思っていませんか?

実はそうでもないんです。


占いと聞いて多くの方が思い浮かべるのは、タロットや易、四柱推命、九星気学、手相、姓名判断などではないでしょうか?


確かにどれも勉強や経験、道具が必要なものばかりです。


でも、何も使わず、勉強も経験も要らない占いが有ったとしたら?



それがあるんです!



それは辻占(つじうら)や橋占(はしうら)といった方法です。

これは辻や橋の上に立って、呪を唱え、知りたいことを問いかけた後で、最初に通る人もしくは事前に決めた何番目かに通る人の言葉を聞いて答えを得るというものです。


本気で行おうと思うと作法があるのですが、それを覚えるのも面倒ですよね?


そういう方はそこに立って目を閉じ、知りたいことを念じてから、聞こえてくる言葉に耳を傾けてみてください。

これが案外、的を射た結果を得られるんですよ。




田舎だから人通りの多い場所なんかない!という方は、念じてからテレビをつけたり、ラジオをつけるというのも良いでしょう。



偶然の中から必然を見付けて未来を予測するのが占いですので、これも立派な占いです。


慣れてくるまではどれが必要な言葉なのかを決められないと思うので、最初に聞く言葉と決めておくと良いでしょう。



高いお金を払って占ってもらうのも良いですが、日常のちょっとしたことを占うときは、自分で占ってみるのも面白いですよ。

拍手[0回]


2018/10/31 12:08 | Comments(0) | 占い

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]