忍者ブログ
ほうきで悪運を掃き清めよう
あなたが掃除道具と聞いて思い出されるのは掃除機なのではないでしょうか?

昨今、ほうきを使って掃き掃除をするのは玄関や庭、学校での掃除の時間くらいになってしまいましたが、掃除機が一般的になる以前は室内もほうきで掃除をしていました。

我が家にも掃除機はありましたが、子供の頃はたまに、ほうきを使って縁側や畳を掃いていました。わざわざ掃除機を出してくるのが面倒だったんです笑

畳の目に沿って掃きなさい、と母に教育されたものです。

そんなほうきですが、呪術的な使い方もされます。


例えば、お正月に良く見る招福熊手もそうした呪術的な意味合いを持つ箒のです。

招福熊手は、神様のご利益をかき集めていただいて帰るもので、神社の境内では袋から出したまま持ち、帰宅時に鳥居を潜る際には集めた福を漏らさないよう、袋にしまうと良いとされます。

ちなみに、はじめは一番小さな熊手をいただき、次は同じ大きさか少し大きめの熊手をいただくというのが熊手のいただき方です。以前のものより小さな熊手をいただくと、前年よりも福が減ると言われています。



福招熊手のようにパッと見て呪術的な意味合いをもつものでなくても、普通に使っている箒にも使い方によっては開運や厄除けの効果があります。

どのように使えば良いのか?


簡単です。

ただ、部屋の掃き掃除をすると良いのです。
掃き清めるとは、単にゴミや埃を掃いて掃除するというだけではなく、悪い気も一緒に掃いて外へ追い出すという意味を持ちます。

ですから、悪い気をためない為に掃いた場合、ゴミはいつまでも室内に残しておいてはいけません。
ゴミの日の前日あたりに行えば、部屋も室内の運気も綺麗に清められて良いのではないでしょうか。



箒なんてない!
そういう方も多いかもしれませんね。
実際、私の部屋にも大きな箒はありません。

その代り、100均で買ってきた卓上用の小さな箒で仕事机や作業机を掃いています。
それだけでも、仕事の効率が上がったり、ご依頼が増えたりするので不思議なものです。

机を掃いた時は一緒に、床の拭き掃除もします。
折角掃くいた埃や悪い気が床に溜まってしまったら台無しですからね笑



殆んどの場合、悪い運気を変えるために特別な事をする必要はありません。

ただ、我が身と身の回りを綺麗にするだけで良いんです。
簡単でしょう?笑


開運への第一歩として掃き掃除も今日から始めてみませんか?

拍手[0回]

PR

2018/11/20 13:45 | 雑学

<<本日は小雪です | HOME | 十二支と書いて「えと」と読まない!?知ってるようで知らない干支のお話>>
忍者ブログ[PR]