忍者ブログ
カレンダーの十干ってどういう意味があるの?
本日は十干と暦に関するお話です。

いつも通り、堅苦しくなくざっくりと現代っぽくお話ししますので、勉強嫌いな方も嫌煙しないでくださいね(笑)


子供の頃、祖父母の家に行くと柱に日めくりカレンダーが掛かっていました。
そのカレンダーには日にちと共に、二十四節気、六曜、十干十二支などの情報が書かれていたものです。


現在でも多くのカレンダーや手帳にはこれらの情報が書かれていたりしますね。


二十四節気に関してはこれまでこれまでもそれぞれの日に説明をしてきましたが、これはそもそも農業を行うにあったって目安とした暦です。
と、言うことは、子供ながらにニュース番組などの情報から知っていました。



では六曜(ろくよう・りくよう)は何か?
これは暦注(れきちゅう)です。

そもそもは一週間に割り振られた、月、日、水、木、金、土、日同様、日にちを数える時に用いたもので、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口を順に当てはめたものであると同時に日々の占いでもあります。

今回は十干に関してお話ししますので、六曜に関してはまた別の機会にお話ししますね。



さて、季節の変わり目を暦で知らせるという点では二十四節気は暦に書かれていても納得できます。
六曜に関しては、まぁ、現代人にはあんまり必要ないと思いますが、昔から暦には占いがついているという日本人独特の慣習が根強いので、これも何となく書かれている理由が分かります。

蛇足ですが、明治時代にはこの六曜などの暦注が暦に書かれている事は文明が遅れているという理由から、暦注を廃止する動きがあったとか。でも、庶民は暦注を信じていたので結局残ったらしいですね。
うろ覚えですけど、なんかそんなことがあったらしいということを何かで読んだ覚えがあります←



脱線してしまいましたが、前記二つに関しては何となく書かれている理由は理解できるのですが、だったら十干十二支はなんで書かれているんだ?と子供心に謎が深まるなるわけです。

そこで、周りにいる大人に聞いて回るわけですが、誰も知らない。

たぶん、こういう子供を持つと親御さんは大変ですよね(笑)
私が子供の頃にはまだインターネットがモデム回線の時代ですから、すぐに調べられる環境ではありませんでしたので、結局、分からないまま高校生になった時にようやく謎が解明されます。


月日が流れて高校2年生の頃、当時は占い師になるつもりなど全く無く、小説を書くネタを探してひたすらいろんな本を読んでいた時に、たまたま陰陽道の本や暦の本を読み漁った時に答えを見つけました。


「十干とは日にちを数えるために生まれたものです」


まぁ、数十年前のことですから、ザックリとしか覚えていませんがおおむねこのようなことが書かれていて、「おぉ!これか!!」となったわけです。

その本によれば、人間が数を数える上で一番数えやすい数字は、両手の指を使って数える事であったため、それぞれの指に「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」を当てはめたのがそもそもの由来なのだそうです。

詳しく言うともっと細かな紆余曲折があるのですけれど、ざっくりいうとこんな感じです(笑)

「今日は親指の日!」とかいうよりも、「今日は甲の日か」と言った方がなんか日にちっぽいですよね(笑)

そういうことで、十干も曜日と同じようなものだと判明してスッキリ。



十二支も同様に、日にちを数える使っているもので、十干と組み合わせることでより、いつの事だか分かりやすくなるわけです。



十干十二支って、何となく呪文感があるので複雑な意味があるのかと思っていた子供の頃の自分に、こうした事を教えるときっと「なぁんだ、つまんない」といいそうです(笑)



暦に関しては専門の方に比べるとちょっと齧っただけなので、それほど詳しくはありませんが、勉強すればするほど歴史的背景や占いとの関連性を知ることが出来てかなりのめり込める分野だと思います。

もし良かったら、ちょっと齧ってみませんか?


拍手[0回]

PR

2018/08/08 12:10 | 雑学
医食同源で冬を乗り切る!
こんばんは。

このところ、ばたばたとしているのでブログを書く時間も遅めになってしまっております。


本日はついに、南国の佐賀にも大寒波が到来しました。
灯油が切れたので買いに出たのですが、今年初めてのしっかりとした雪・・・というよりも霰に降られて寒い思いをしましたよ。


さて、そんな寒い日は体調を崩しやすいので風邪を引いたりなさっておられる方も多いのではないでしょうか?

そういう時は買い物に行ったり、病院へ行ったりするのが億劫だったりなさるかと思います。

食べ物で体調管理をしたり、症状の緩和をはかったりしてはいかがでしょうか?
ということで、本日は寒い日や不調の時にお勧めの食材をお伝えしようと思います。



占い屋として情報をお伝えするのは何だか違うような?
と感じられる方もおられるかもしれませんが、医療関連の鑑定を最も得意としている私にとっては、健康関連の事柄で困っておられる依頼者の方に簡単であっても助言をさせていただく為にこうした情報はとても重要なのです。

そもそも、私自身、体の弱い人間ですので出来る限り薬に頼らず健康を手に入れる為にどうすれば良いかという事をかなり調べていたのですけれどね。




脱線癖があるのでいけませんね(笑)
話しを戻します。



比較的手に入り易くて料理に使いやすい材料とどういう症状にオススメかを記していきます。



生姜(しょうが)
・寒気のする風邪や咳
・吐き気のする胃の不調、嘔吐時

体を芯から温めてくれる働きがありますので、手足の先が冷えるという方にもお勧めです。
生姜葛湯、生姜紅茶などを飲むのもオススメです。



大根(だいこん)
・腹部膨満感や吐き気、下痢、便秘
・鼻血などの出血など

消化を助けてくれるジアスターゼ(アミラーゼ)を含んでいますので、お腹の調子が良くない時にお勧めです。
余分な熱を除いてくれるので、のぼせや二日酔いの時にも良いでしょう。




人参(にんじん)
・目のかすみ、夜盲症、ドライアイ
・咳、気管支炎、消化不良など

ビタミンA(カロテン)を含んでいて免疫力を高めてくれます。なるべく皮を剥かずにカロテンが体に吸収されやすいよう加熱調理をして食べる事をお勧めします。ゆでたり蒸したりするよりも、油炒めの方が吸収率は良いそうですよ。
また、カロテンには皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるので、粘膜で保護されている様な体の部位(喉、鼻など)からの感染を予防するのに効果的です。



ほうれん草
・貧血、出血
・便秘など


鉄分をとる為に食べなさい、と言われた方も多いかもしれません。実は、ビタミンA、C、Eも豊富に含まれているので、風邪や感染症の予防や、毛細血管の血流を良くしてくれるので冷え症対策にもなります。




蓮根(れんこん)
・目の充血、痛み
・食欲不振、下痢、疲労など
鼻血、鼻炎、鼻づまり
・咳、痰


蓮根にはムチンというネバネバとした成分が含まれています。このムチンは粘液を保護し、正常な働きを促す物質です。たんぱく質分解酵素も持っているのでタンパク質が効率よく消化吸収される事で、疲労回復効果も期待できます。





長期保存が出来る生姜以外は冬場に旬を迎える野菜をピックアップしてみましたが、いかがでしょう?
普段の食事に取り入れやすい食材が多いのではないでょうか。


野菜以外では、風邪にはもオススメです。
風邪薬に含まれている「リゾチーム」という物質は、実は卵の白身にも0.3~0.4%含まれているのです。このリゾチームは細菌を守る細胞壁を分解してくれ、さらに免疫力を高めてくれるという働きがあります。

Mサイズの卵の白身の量はだいたい36g前後ですので、その0.3%~0.4%となると108mg~144mgのリゾチームが含まれているという計算(計算が苦手なので間違えていたらごめんなさい!)になります。

ちなみに市販の某風邪薬には60mgのリゾチームが含まれていました。


そうです。
風邪薬を買いに入れに行けない!という時は卵を一つ食べると最低限の風邪薬の代わりはしてくれるのです。


卵恐るべし!


そう考えると玉子酒も利にかなっているんですね。

私としてはほうれん草と卵のお粥をお勧めします。


でも、不調の時はちゃんと病院に行ってくださいね。
食べ物はあくまで人間の体の土台を補強するものですから。



何をするにも健康あっての事です。
体を冷やさない様に、外から中から温めて、心も温めながら寒い冬を乗り切りましょう!

拍手[0回]


2018/01/11 00:30 | Comments(0) | 雑学
ケガレは汚い事じゃない!?
おはようございます。
昨日はちょっと嬉しい事があったのでお知らせします。
現在ココナラで活動をしているのですが、先週一週間の統計を元に出されるランキングの中で、
今注目のサービスランキング女性部門2位を獲得いたしました!
とても嬉しいです!
有り難うございます!これからも精進してまいりますので、御贔屓にしていただければ幸いです(*^_^*)
さて、本日はタイトル通り、「ケガレ=汚い」という誤ったイメージを変えていきたいなと常々思っておりましたの、穢れとは何か?を神道的観点からお伝えしていきます。
皆さんはこんな話を聞いた事はありませんか?
「怪我(病気、月経中)をしているから神社の境内には入ってはいけないよ」
「ケガレを祓って貰いましょう」
きっと、こうした言葉を耳にしてもその理由が分からずに、何となく「あぁ、ケガレは悪いもので汚いもの。お祓いして貰わなくちゃ」「神様の場所を汚してはいけない」と思っておられる方も多いと思います。
ですが、本来のケガレの意味は違うのです。
ケガレとは「気」または「毛」が「枯れる」、「穢れる」など幅広い意味を持ちます。
「気」が「枯れる」というのは、例えば失恋してしまったり、親しい人を亡くしてしまったりと様々な理由でで気力が枯れてしまう状態を指します。
では「毛」が「枯れる」の「毛」とは食料を指します。機会があればいずれなぜ「毛」なのかをご説明いたしますが、今回は省略させていただきますね。兎に角、食料が枯れる=食事が出来ない事を表しています。
最後の「穢れ」は怪我などで血を流している状態を指します。月経中もこの穢れに当たります。
この代表的なケガレに共通点がある事に気が付かれましたか?
そうなんです。全て、心身が健康では無く回復に一定期間必要な状態なんですよ。
ですから、汚いものではないんです。
こういう時、皆さんならどうしますか?
ゆっくりと休みますよね?この心身の回復を図る充電期間を「忌」や「籠り」と言います。
ですから、「お祓いに行かなくては!」ではなく、本来ならば「籠ります」が正解なんですね。
では何故、神社に行ってはいけないのか?
恐らく、神社は神様の気の満ちた場所ですので、元々神様に授かった気が枯れた状態で神社に行くと神様の気を奪ってしまうからという考えがあったからなのかもしれません。汚いからというより、その様な事をしてしまっては神様に対して申し訳が立たないから遠慮しましょう、という事なのでしょう。
表面だけざっくり今風にケガレをご説明いたしましたが、いかがでしたか?今回説明させていただいた内容は、あくまでも一説ですので他の説もあるでしょう。
それでも、少しでもケガレ=汚いのイメージを払拭していただけたら嬉しい限りです。
時代と共に言葉の意味は移り変わっていくものですが、本来の意味を理解した上で変わりゆく言葉にも対応していければ、世界はもっと広くが見えてきますよ。

拍手[0回]


2017/02/07 00:33 | Comments(0) | 雑学

| HOME |
忍者ブログ[PR]