忍者ブログ
知っていますか?古い御札の処分方法
こんにちは。

本日の鑑定はお休みですが、ちょっとご質問を受けたので古い御札やお守りの処分方法をご紹介します。


神社仏閣めぐりが流行っている昨今、その神社やお寺で御札やお守りをいただいて帰ることも多いのではないでしょうか?

御札やお守りに有効期限はあるの?

無期限のものもありますが、御札やお守りの有効期限は一般的に一年と言われています。

そもそも御札は神社の御札は神様のを分霊したもの、またはその神様の寄り代となるものです。
お寺の御札はその御札そのものに力が宿っているという違いがあります。


有効期限があるされるものは、この一年の無病息災、家内安全などを祈願したものです。この場合は新たな年を迎えると効力がなくなるため、次の一年の祈願を改めて行うために新しい御札を入手する必要があります。

御札やお守りの処分方法

それぞれの願いを込めた御札やお守りですので、きちんとした手順で処分したいですよね?
一番良いのは、いただいたところにお納めする事です。

古い御札を納める場所を設置している神社は多いですが、そうした物がない場合でも社務所に相談すると殆んどの場合受け取って貰えます。この際、いくばくかの初穂料はお渡しする事にあるでしょう。

お寺の場合も同様です。

しかし、遠くて納めに行けないという場合もあるかと思います。
この場合はなるべく、御札をいただいた神社と同じ神様を祀っている近所の神社にお納めすると良いでしょう。そうした神社がない場合は、産土の神社にお願いして見ると受け取っていただけることが多いです。
お寺の御札に関してもいただいたところに処分をお願いするのが一番です。


そのどちらも難しい場合で御札が紙製であれば、お正月前のお焚き上げ行事の際に一緒にお焚き上げをして貰うと良いでしょう。



自作の御札はどうすればいいの?


占いや呪術が流行ると、どうしても自分で御札や霊符を作ったけれど書き損じたとか、処分に困っているという方が増えてきます。

本当は安易に御札を作らない方がいいのですけれどね。


まず、自作であっても御札をゴミに捨てるというのは論外です。
願いが叶ったから、効力はもうないからといっても、それは神様の寄り代であったものだったり、力を込めたものである訳ですから丁寧に処分しましょう。

紙に書いて作った御札に関してはまず、この御札は有効ではなりませんという印を書き入れます。この印を知らない方はそもそも御札を作ってはいけません。


その後、神社やお寺にお願いして処分して貰うか、お焚き上げの際に一緒に燃やして貰いましょう。


どうしても自分で処理したい場合は、御札に効力無効の印を書き、皿の上で燃やして下さい。その灰は必ず流れのある川に流し浄化しましょう。








あなたは間違った処理をしていませんでしたか?

失敗として一番多いのは自作して書き損じたから破ってゴミに捨てちゃえ、というパターンですね。
御札は簡単に書くことができますが、作る手順を知らなかったり、処分する方法が雑だったりすると神仏の助力を得られないばかりか、悪影響があることもあります。


私も御札を書くことはできますけれど、正式に御札を作ろうと思うと書くまでの下準備や作法を正確に行う事がなかなか難しいので今では全く行いません。

本来はそれほど、気を付けて扱わなくてはいけないので素人が手を出して良いものではないんですよ。

入手する時も、処分する時も、プロに任せましょうね。

拍手[0回]

PR

2018/05/17 09:54 | Comments(0) | 開運

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<実は誰でも出来る!?タロット占い | HOME | 母の日ですよ!>>
忍者ブログ[PR]