忍者ブログ
本日は立冬です。

本日は二十四節季の1つ、「立冬(りっとう)」です。

立冬は冬の始まりの頃という意味で、霜降から数えて大体15日後にあたります。

二十四節季には立春、立夏、立秋など「立」という言葉の付いたものがありますが、これは「始まり」という事を意味します。
この様に「立」の付いた節目は四季それぞれにあり、それらを総称して「四立(しりつ)」と言います。



立冬を過ぎると、朝晩の冷え込みが一段と厳しくなり、初霜が観測されたり木枯らしが吹き始め、いよいよ冬の気配を感じられるようになります。



以前も、二十四節季について書いた時にご説明しましたが、そもそもは農業の目安にする暦ですので、農家さんや家庭菜園を楽しむ方、花を育てるのがお好きな方には便利ですよ。

ミカン農家さんはそろそろ、早生ミカンの最盛期を迎えていらっしゃる頃ではないでしょうか。


家庭菜園をなさっている方は立冬を迎えると、寒さに弱い植物の冬支度を始められると良い時期だと覚えておかれれば、耐寒性の弱い植物を枯らすこと無く育てられるでしょう。



因みに我が家ではこの時期、ベゴニア、ハイビスカス、ゼラニウム、折りづる蘭など、耐寒性の低い植物は軒下や室内にお引越しさせています。
地植えの植物にはマルチングや不織布を掛けておくと良いでしょう。


我が家のハーブに関しては、この時期に最も甘くなっているステビアを収穫します。
コキアは収穫までもう少しかな?
秋植えしたルッコラやイタリアンパセリはこの時期、春より肉厚で柔らかい葉が食べられたりします。


食卓においても、何が旬で美味しくなるのかが把握しやすくなります。
冬に美味しくなる葉物野菜や根菜類は霜が降りると、柔らかくなったり甘さも増すのでこれからが美味しくなるんですよ。



冬至ならば、南瓜を食べたり、柚子風呂に入りましょうなんて習慣もありますが、立冬だからこれを食べようというものはありません。


冬の始まりだから、旬の栄養のあるものを食べて冬に備えましょうという感じですね。



思った事をつらつら書いたので、本日は占い屋というより、園芸屋みたいな記事になってしまいました(笑)

拍手[0回]

PR

2018/11/07 13:34 | Comments(0) | 歳時記

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<【営業時間】 | HOME | 占い師の見分け方>>
忍者ブログ[PR]