忍者ブログ
本日は「人日の節句」です
「人日の節句」というと耳慣れない感じがしますが、日本では「七草粥を食べる日」といえば分かりやすいですよね。


なぜ「人日の節句」と言うの?
他の節句同様に、この人日の節句も中国から伝わった風習です。

他の節句と違い、人日の節句だけはゾロ目日ではありません。

中国の風習では正月の1日は鳥、2日は犬、3日は羊、4日は豚、5日は牛、6日は馬、7日は人、とそれぞれを占う日とし、該当する動物はその日だけは殺さなかったり、大切にしたそうで。

中国時代劇なんかをみると、正月に罪人を赦免にしているシーンがあったりするのですが、それがこの1月7日の人日の節句だったようです。罪さえも帳消しにして人を大切にしようということなのでしょう。

この風習の名前と無病息災という願いだけが残っているのが、日本の人日の節句です。



なぜ七草粥を食べるの?
平安以降に伝わってきた人日の節句は人を大切にする日という考えだけが残った日本。

日本では新年に新しい菜っ葉を摘んで食し、無病息災を願ったり邪気祓いとした「若菜摘み」という風習が平安時代以前からありました。

この若菜摘みと人日の節句がミックスされた結果、1月7日は七草粥を食べる日、となったのです。

ま、どちらも人を労りましょう、無病息災を願いましょうという点については似通っているので、神仏習合な日本においては上手い具合に調和して今日まで残っているのでしょうね。



七草粥は何を入れる?
1.せり
2.なずな
3.ごぎょう
4.はこべら
5.ほとけのざ(コオニタビラコ)
6.すずな(蕪)
7.すずしろ(大根)

最近はスーパーで売ってますが、摘みに行きたい方でよく間違えてしまうのが、ほとけのざ。
子供の頃にピンクの花が咲くひょろっとした草をほとけのざと呼んだりしていましたよね?春の七草のほとけのざはあれではありません。
黄色い花が咲く丈が低くて葉が大きい、田平子がほとけのざです。一般的には小鬼田平子が手に入りやすいですので、探してみてくださいね。




お正月で弱ったら胃腸に優しい七草粥。
今年は作ってみるのもいいかもしれませんよ?

拍手[0回]

PR

2019/01/07 14:06 | 歳時記
本日は「大雪」です。
本日は二十四節季の1つ大雪(たいせつ)です。
というよりも、本日から次の冬至までが大雪という機関ですので、大雪の入り日ですね。


大雪は小雪から数えて15日目頃で、本格的な冬が訪れる頃とされ、平野部でも雪が降り始めます。


南国九州でもご多分にもれず、今日は冷え込んでいます。今年は比較的暖かいのですが、この時期は薄氷が張ることもあるんですよ。


そんな大雪ですが、正月の事始め(毎年12/13)の時期にも当たります。
お正月を迎える準備を始める時期ですね。
この頃から煤払いや大掃除などを始めましょうという目安です。

クリスマスなどイベントが多い時期ですが、お正月を迎える準備も怠りなく。


大雪の時には何かするの?何か食べるの?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お正月を迎える準備をしましょうという以外には特にありません。

家庭菜園をなさっている方は、寒さに弱い植物の防寒対策をしたり、観葉植物を育てていらっしゃる方は窓際よりもエアコンの風の当たらない温かい場所に移してあげましょう。


この時期は冬の葉物野菜が霜にあたって甘く柔らかくなるので、特別に何か食べようというよりも、こうした旬のものを食べると良いのではないでしょうか?

両親が育てている野菜を食べた体感としては、白菜とキャベツ、ホウレンソウは甘くなり始めたなぁと思います。


∑キャベツと人参のピクルスを今年はまだ作っていない!
旬の野菜で作るピクルスはピクルス嫌いでも食べられる美味しさです♪


と、暦のお話から脱線してしまいました(^^;ゞ


因みに、二十四節季のそれぞれをさらに3つずつに分けた七十二節季というものがあります。
正直、全部覚えてはいませんが、この大雪の2番目に当たる時期である「熊蟄穴(くまあなにこもる)」は何となくインパクトがあって覚えています笑
この時期に動物たちは冬眠を始めるそうですよ。


暦もよくよく読むと結構クスリとしてしまうネーミングだったりするので、機会があれば眺めてみるのも面白いかもしれませんね。

拍手[0回]


2018/12/07 13:32 | Comments(0) | 歳時記
本日は小雪です
本日は二十四節気のひとつ、「小雪」です。

立冬から数えて15日目頃。

二十四節気はその日だけを示しているのではなく時期を示しますので、今年の小雪は本日11/22~12/7となります。


小雪は、北方から雪の頼りが届き、いよいよ本格的な寒さが訪れる頃です。

山間部では降雪を観測したりするのもこの頃となります。

これからどんどん寒くなりますよ。
冬の準備はお済みですか?



例年、「お歳暮っていつ頃送ったら良いの?」と聞かれたりしますが、この小雪の時期にお歳暮の準備を始めると良いでしょう。



小雪で食べる慣習のあるものは特にありませんが、旬の食べ物として、蟹、蜜柑、ほうれん草などがあげられます。

蟹はこの時期に漁が解禁になり、旬を迎えます。

蜜柑はビタミンCが豊富で、風邪予防になりますし、肌が弱くないようでしたら、蜜柑の皮を木綿の袋にいれてお風呂に入れると体を温めて湯冷めしにくくなります。

ほうれん草は霜や雪にあたることで、葉が柔らかく甘くなります。
また、消化吸収が良く、食物繊維も豊富で、貧血予防にもなります。


季節ごとに旬のものを食べる事で、免疫力をあげるという意味では、こうしたものを食べるとよいのではないでしょうか。



小雪の時期の行事としては、新嘗祭がありますが、当日である明日、お話ししますね。



インフルエンザ予防接種、打とうかどうしようか迷っている方は、今打っておくと今年の流行期にはギリギリ、抗体ができます。

インフルエンザ予防接種はインフルエンザへの感染を防ぐためのものではありませんが、重篤化を避けるための手段として有効です。

インフルエンザは重篤化した場合、最悪、死に至る病ですし、長く感染した状態が続くと人に移してしまう可能性も高くなってしまいます。

アレルギーや免疫疾患などで接種出来ない方以外は是非、受けてくださいね。



今年の冬も元気に乗り切りましょう!

拍手[0回]


2018/11/22 09:00 | 歳時記

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]