忍者ブログ
ココナラでの鑑定を主体としている理由
こんにちは!

久し振りにブログを書いています。


本当は昨日、処暑について書こうかなぁと思っていましたが、台風の低気圧に負けていたもので、処暑については来年書こうかと思います←



さて、本日はどうしてココナラを主軸に鑑定しているのかをお話ししようと思います。


一番の理由は、鑑定結果をお伝えするまでに熟考して、カードから読み解けるあらゆる結論を精査して読み溢し無く、精度の高い結果をお伝えしたいからです。

カードをその場でさっと読み解いてお伝えする事も可能なのですけれどね。
人の人生の一端を覗き見て、お代と交換で訪れる可能性の高い未来をお渡しする商売なので、そのお代に見合う質の情報をお渡ししたいんですよね。


ですから、はっきり言って、チャットや電話での鑑定は時間や文字数相応の結果しかお伝えできていません。
それでも、かなり細かな事までお伝えはしていますけれどね。


その点、事前にお代が決まっていて時間制限がそれほど無いココナラでのやり取りの方が、きちんと熟考して精査した結果をお伝えできています。


それほど質の良くない鑑定は、提供したくないんですよね。



もう一つの理由は、ご依頼下さる方の質も理由です。
私の経験上、ココナラをご依頼下さる方は、「ここは絶対に読んでください」と記載している分に関してはきちんと読んだ上でご依頼下さる方が9割以上なのですが、Stellaのチャットや電話で相談してくださる方はこうした事を読んで下さらない方が9割なのです。

注意事項などはご依頼下さる方が損をしないように、細かく色々な事を書いています。
この注意事項を読むのが面倒な方は、私の鑑定を受けない方が良いと思います。


というのも、私がお伝えする鑑定結果はココナラであれ、チャットであれ、長文だからです。ですから、文を読む事に抵抗のある方は、私の鑑定結果を正しく読み解く事はかなり難しいでしょう。


占い師と依頼者にも相性があります。


私の鑑定がドストライクの方もいらっしゃるでしょうし、そんなに細かい結果なんて知りたくない!という方もいらっしゃるでしょう。
そういう方は、パッと応えてさっと終わる占い師さんを見つけると良いと思いますよ。

占い屋はお代に合わせてガッツリ系です。





ちょっと、愚痴入りますけれど、これまで鑑定してきた経験上、どちらかというと、ココナラでご相談くださる方々の方がお互いをリスペクトしながらやり取りのできる方が格段に多かったので、ココナラでのご依頼を優先させていただいています。



勿論、Stellaでご相談くださる方の中にもお互いをリスペクトしながらやり取りのできる方もいらっしゃいますけれどね。

私の体感としては、
・挨拶無し
・単語で会話する
・やり取りを終えて良いのかどうか分からない状況で一時退室してそのまま
・人の話を聞かない
・こちらの質問には一切答えない
こういう方が多いもので、真剣に鑑定するのが馬鹿らしくなってしまう事も多いんですよ。



となると、どちらを優先したくなりますか?



そいういう理由もあります。
気軽に占えるからって、画面の向こう側にいる占い師も人間ですからね。
気分の悪い対応をされれば、流石に嫌ですよ?




というわけで、私は自分自身の感情を殺した状態で鑑定する事にしています。
ただし、ご依頼下さる方の心の在り方をそのまま文に反映していますので、ご依頼下さった方が感じる私に対する感情は、ご依頼下さる方が周りの人に思われている感情です。


私に対してつっけんどんな人だなぁと感じた人は、貴方自身がそうしているからです。
温かい人だったと感想をおっしゃった方は、貴方が温かい方だからです。


自分がどういう人間なのかを知りたい方は私にご依頼下さい。
お悩みになっている事柄以外に、貴方が周りにどう対応しているのか?思われているのか?も実際に体感できますよ。



別に、意地悪でそうしている訳ではありませんよ?笑

私の自身は人を映す鏡として対応することで、ご依頼下さった方のお悩みを背負い過ぎないように自衛しているんです。

その点は他の占い師さんとはちょっと違うかもしれませんね。



あとはそうですね・・・。
占い師にもそれぞれが得意とする鑑定速度があります。
私の鑑定速度はゆっくり熟考型なので、ココナラでの鑑定の方が向いているから、ココナラでの鑑定を主体としています。


こういう理由や思いがあって、ココナラでの鑑定を優先しています。

拍手[0回]

PR

2018/08/24 17:06 | Comments(0) | 日常

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<人との距離を考えると開運できる!? | HOME | ヘバーデン結節との格闘開始!>>
忍者ブログ[PR]