忍者ブログ
継続は力なり、休息もまた力なり
要は、何事においてもバランスが大事って事ですね。


何事もおいても、勉強をする事は大切です。
しかし、だらだらと長時間同じ勉強を続けても効率が悪くなるだけなんですよ。
どんなに賢い人でも人間の集中力には限界があるので、1日中その勉強を続ける事は出来てもその日と同じ内容を連日行うと飽きてしまうからです。

同じ勉強を続けるならば休息を10~15分挟むか、1日の勉強時間を何時間までと決めて勉強した方が身に付きやすくなります。


1日中勉強をしたい場合、時間を区切って色々な勉強をしていく方が集中力が途切れません。


最初の1時間は数学、次は英語、次は科学みたいに、全く別の分野を交互にやってみるというのが良いでしょう。
右脳を使ったら、次は左脳、みたいに。



占い師も生涯勉強をしなくてはならない職業の1つです。
楽しいと思える事でも根を詰めると飽きてしまう私の勉強方法は、2時間勉強したらその日の勉強はお終い!
このくらいにしておくと、続きが気になって次の日も勉強したくなるんですよね。


漫画や本を読む事が好きな方なら何となく伝わるかもしれませんが、一気に1冊読み終えるとなんだかやる気がなくなりませんか?
もう終わっちゃったよ・・・、みたいに。

勉強もこれと同じなんですよね。




嫌いな科目の勉強が進まない時は、これが終わったら○○する!というご褒美を目の前においてやります。
ニンジン効果ですね笑

ただ、これを繰り返していると、勉強が終わる=達成感が得られる、という構図が出来上がったりするので、最初は目の前のご褒美に向けて頑張ってみるのもいいかもしれませんよ。




さ、そろそろお正月の連休と成人式の連休でぼんやりした頭を切り替えていきましょうか!

拍手[0回]

PR

2019/01/15 12:57 | 日常
貴方は貴方のままで良い
お悩みをお伺いしていく中で、なかなか悩みから抜け出せない方の特徴の1つとして、「私は頑張らないと必要とされないのではないか?」という根っこをお持ちの方がいらっしゃいます。


これって、自分よりも人を優先してしまう方に多いんですよね。

・何事も頼まれたら断れない、断りにくい
・残業と言われたら素直に従う
・ほとんどの場合、彼氏や彼女の望む事を叶えるためだけに動いている
・困っている人がいたら放っておけない
・みんなに優しいと言われるが、冷静に考えると体よく使われていることがある
・人に頼むよりも自分で動いた方が早いと思う


さ、いくつ当てはまりますか?
2つ以上当てはまる貴方は、他人に従属して自分を捨ててしまうタイプかもしれません。


まずはね、このタイプから抜け出しましょう!


今を変えたいと思っているのでしたら、貴方は貴方の人生を生きる努力をしましょう。

人の言うとおりに過ごせば自分は殆ど思考を使わなくて済むし、その人の事だけを考えれば自分がどうすれば良いのかを考えなくて良いので、実は殆ど思考を使っていないのですよ。

だから、人の言いなりに慣れてしまっている方や人の顔色を伺う事に慣れてしまった方は、自分のために生きるという事って思っているよりも難しかったりします。


その難しいことを最初は1つからでも良いので、やってみましょう!
たとえば、今日は好きなゲームして過ごしたいからどんな誘いがきても断るとか、ですね。
ちょっとした反抗からはじめると良いですよ♪
そうすることで、だんだんと自分のしたいことが見えてくると思います。


ちょっとずつ、なりたい自分のを探して目指しましょう!

拍手[0回]


2019/01/13 23:39 | 日常
恋愛と仕事は分けましょう!失敗する働き方
占い屋をしていると、「いやいや、それややめた方が良いんじゃない?」と思うことは結構あったりします。


「彼がその仕事嫌いって言うです」とか、「仕事もっとどうにかならない?って彼女に言われるんですけど」というのは良くある話です。



こういうとき、恋愛と仕事は分けて考えましょう。



会えなから恋人に嫌われるとか不満を言われると思っていませんか?


それ、恋人が不満を溜め込んだ結果がそこに集約されているだけで、それだけが原因じゃありませんよ。


どんなに仕事が忙しくても、1日最低1通~3通ほど連絡をしてあげるだけで、恋人の不満は軽減される上に、仕事が忙しいのに連絡だけはきちんとしてくれる、とあなたの株が上がります。


恋人と上手くいかないのは仕事のせいではなく、あなたがどれだけ恋人の立場に立った行動が出来ていないかということが問題なんですよね。


仕事は仕事。
恋愛は恋愛。



別の問題だと気付かない限りに、解決策が見つからないなんてことも有りますので、気を付けてくださいね。

拍手[0回]


2018/12/26 20:42 | Comments(0) | 日常

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]