忍者ブログ
陰陽五行の相関
私の鑑定を受けたことのある方はご存知かと思いますが、鑑定結果をお伝えする際に式神カードの五行の相性についてもお伝えしています。


恐らく、五行って何よ!?と思われる方もいらっしゃるのではないかと思いまして、今回は陰陽五行について、その表層をさらっとご説明します。



まず、陰陽とは読んで字の如く物事の「陰(おん)」と「陽(よう)」を表します。

物事の二面性について表しているものですので、これについてはそれほど説明しなくても大丈夫でしょう。




五行というのは、陰陽に二分では世の理を語ることが出来ないと悟った古代中国の方が、だったら自然の構成要素をさらに追加して解き明かしてやろうじゃないか!と、作り上げたものです。


いや、本当にざっくりですいません。
勉強嫌いだと、細かい説明って読みたくないでしょう?
私もその口です。
一応、ちゃんと勉強はしましたけれど、ざっくりなので省略できる事は省略していきます。



で、ですね。

五行とは、水、木、火、土、金の五つです。

自然を構成する要素を抜き出したんですね。


並びが違うぞ!と思っているそこのあなた。
一般的には木火土金水だからそう思ったんですよね?


でも、自然の成り立ちを考えると、水が最初にある方がしっくりくるので今回はこういう並びで書かせていただきました。



この五つの要素は相関関係にあります。

水は木を育てるます。

木は熱を加えると火を生じます。

火は燃えて土を生じます。

土は金属を生みだします。


こうした他の要素を生みだしたり育てたりする関係を相性(そうしょう)といって、吉意を示します。


しかし、火、金、木、土、水という並びになると話が変わります。

火は金属を溶かす。

金属は木を切り倒す。

木は土の養分を吸い取る。

土は水の流れをせき止める。

こうした他の要素を阻害する関係を剋性(こくしょう)といって、凶意を示します。


この関係性を示しているのが五行です。



そこに陰陽が加わるので、

水陰、水陽、木陰、木陽、火陰、火陽、土陰、土陽、金陰、金陽

となります。
物凄くザックリ言うとこの10パターンが陰陽五行の根幹です。



もっと掘り下げると、季節や色、数字、方位、東洋医学の世界では身体にも五行があてはめられています。
が、それはまた別の機会に。


今回は、陰陽五行は怪しいオカルトという訳ではなく、世界の理を表そうとしてた古代の最先端科学だったのだという事を覚えていただければ嬉しいですね。

拍手[1回]

PR

2018/06/27 11:14 | 占い

<<本日は小暑です。 | HOME | 本日は『夏至』です。>>
忍者ブログ[PR]