忍者ブログ
「運命の人」に囚われすぎていませんか?
恋愛運のご相談をお請けする際によく耳にするのが

「私の運命の人がどんな人なのか教えてください!」

というものだったりします。
「運命の人」ってそもそもどういう人だと思いますか?


占いにおいて「運命の人」を鑑定する場合、ご相談くださった方を命占術で鑑定して、その星回りから相性の良い相手の特徴をお伝えします。
卜占術である場合は尤も出会う確立の高い相性の良い相手の特徴をお伝えします。


だからどうしたの?という方もいらっしゃるでしょう。
でも、ここが重要なんです。

「運命の人」と聞くと誰しも「生涯伴侶といて末永く幸せに愛し合える相手」と思いがちですよね。

しかし、どちらの占いから結果を導き出した答えだとしても結局のところ、お伝えしているのは正確に言えば「相性が良くて出会う確率の高い運命の人」なのです。



もちろん、そうじゃなくて生涯の伴侶を占ってあげているのよ!という占い師の方もいらっしゃるとは思いますけれど、多くの場合、占いにおいての「運命の人」はこういう人を言うと私は思っています。

だからこそ私は生涯仲睦まじく愛し合える伴侶という意味での「運命の人」なんていませんとお伝えします。


ちょっと想像してみてください。

運命の人です!と言われたり、ご自身で感じた相手と同棲したとします。相手が家事も育児も仕事も一切しない人で、尚且つ脱いだものは脱ぎっぱなし、電気も何でもつけっぱなしな人だったら、あなたはどう思うでしょう?


きっと「運命の人じゃない」と感じられることでしょう。
それでも星回りは変わりませんので、占った結果も変わりません。



だからこそ、占いにおいての「運命の人」という言葉の意味を勘違いしてはいけないし占いを鵜呑みにしてもいけないんですよ。


だったら「運命の人」と生涯を共にするにはどうすればいいの?


簡単です。
お互いに努力してお互いを思いやりながら生きればいいんです。


運命だろうが違おうが、結局は二人の関係性で二人の運勢は変わってくるものです。
どんな恋愛でも同じです。
どちらかが怠ければ一方に皺寄せが来て結局お別れしてしまう。

「生涯愛しぬける運命の人」は、この人と決めたらお互いに「運命の人になる努力をする」事で互いを運命の人と認識するものだと私は思いますよ。


ですから、占いの結果から見て「運命の人」だと決め付けずに愛し愛される努力はしましょうね。

怠ると100年の恋も一瞬で冷めますよ。

拍手[1回]

PR

2019/03/23 17:11 | Comments(0) | 占い

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<4月の料金改定に伴う今後の予定 | HOME | 料金改定を行う理由>>
忍者ブログ[PR]