忍者ブログ
暦あれこれ ~十二支~
ちょっとブログをおサボリしていました(*ノωノ)
お久し振りな感じですが、暦あれこれシリーズの続きといきましょう。

暦に書かれているもので比較的なじみ深いのは十二支でしょう。
年月日それぞれに十二支が配当されています。

「干支(えと)」という呼び名で親しまれていると思いますが、「干支」の本来の意味は「十干十二支」の事を指しますので、十二支ではありません。

詳しく知りたい方は過去に記事を書いていますので、こちらをご覧ください。
十二支と書いて「えと」と読まない!?知ってるようで知らない干支のお話


さて、十二支はほとんどの皆さんがご存じの通り、12の動物の姿で描かれています。
その動物それぞれに五行や仏、十二神将が充てられており、それと同時にこの日の行いの吉凶も充てられています。


ここからは、十二支それぞれがどのような日なのかを記していきましょう。
諸説ありますが、今回は陰陽道における一説でご紹介致します。

動物:鼠
五行:水
本地(仏):釈迦如来(しゃかにょらい)
十二神将:毘羯羅大将(びからたいしょう)
吉事:入学、出仕、人と合う事、井戸堀り、穴掘り、登山
凶事:家建て、引っ越し、結婚、収穫始め、貯蓄、草刈り

動物:牛
五行:土
本地(仏):普賢菩薩(ふげんぼさつ)
十二神将:招杜羅大将(しょうとらたいしょう)
吉事:猛り勇んで断固として行う事
凶事:万事凶。特に食い初めを忌む

動物:虎
五行:木
本地(仏):薬師如来(やくしにょらい)
十二神将:真達羅大将(しんだらたいしょう)
吉事:外出、旅行大吉。争い事、堂塔の建立、一切の願い始め
凶事:布や服を裁ったり染めたりする事。狩猟、漁、結婚、婚礼

動物:兎
五行:木
本地(仏):金剛手菩薩(こんごうしゅぼさつ)
十二神将:摩虎羅大将(まこらたいしょう)
吉事:入学、入社、出仕、昇進、外出、旅行、人と合う事
凶事:井戸堀、池造設、結婚、入籍、女性の家に通う事

動物:龍
五行:土
本地(仏):文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
十二神将:波夷羅大将(はいらたいしょう)
吉事:納財、貯蓄、田植え、種まき、龍神を祭る事
凶事:柱建て、家屋建築、進水式、出航、病人を見る、通夜、葬式

動物:蛇
五行:火
本地(仏):地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
十二神将:因達羅大将(いらんだたいしょう)
吉事:弓始め、日天修行(禅の修行者が師家にて師の指導を受ける事)、宇賀神の祭祀
凶事:外出、旅行、家屋増築

動物:馬
五行:火
本地(仏):栴檀香仏(せんだんこうぶつ)
十二神将:珊底羅大将(さんちらたいしょう)
吉事:外出、旅行、貯蓄、納財、出陣(現代においては勝負事へ出かけるという意味で)
凶事:食い初め、財を求める事(金の取り立てなども)

動物:羊
五行:土
本地(仏):摩利支天(まりしてん)
十二神将:頞儞羅大将(あにらたいしょう)
吉事:兵法、修行には吉(現代においては受験勉強など)
凶事:万事凶

動物:猿
五行:金
本地(仏):得大勢仏(とくだいせいぶつ)
十二神将:安底羅大将(あんちらたいしょう)
吉事:神祭、牛馬の売買
凶事:仏法僧の三宝(正式に仏門に帰依する事)に関する事

動物:鶏
五行:金
本地(仏):無量寿仏(むりょうじゅぶつ)
十二神将:迷企羅大将(めきらたいしょう)
吉事:役職任命や拝領、昇級
凶事:入籍、結婚

動物:犬
五行:土
本地(仏):大聖不動明王(だいじょうふどうみょうおう)
十二神将:伐折羅大将(ばさらたいしょう)
吉事:出仕、入籍、面接や見合いなど人と相対する事、役職任命や拝領、昇級、公事に関する事
凶事:吉事以外は万事凶

動物:猪
五行:水
本地(仏):弥勒菩薩(みろくぼさつ)
十二神将:宮毘羅大将(くびらたいしょう)
吉事:万事において大吉
凶事:特に無し



このように十二支それぞれにも意味があるわけです。
もっと掘り下げると、陰陽や季節、時間、方位なども配当できるのですが、蛇足が過ぎるので今回は割愛させていただきました。

仏や十二神将まで記させていただきましたが、本来は祭祀や呪術、占術を行うにあたって必要な事柄なので、暦を考える上では不要なものではあります。
ただ、昨今、社寺仏閣を巡る趣味をお持ちの方にとって、その日にどのような神仏が配当されているのかを見て、縁の社寺に参詣や参拝なさると良いのではないかと思い記させていただきました。
こういう暦の使い方も本来の用途に近いかなと思いますので、たまにはいかがでしょう?

ちなみに、十二支にそれぞれ配当されている十二神将の仏像は様々なお寺で観ることができます。
国宝指定をされているものは、奈良や京都の仏閣に納められておりますので、機会があれば見に行かれるのも良いかもしれませんね。


比較的なじみ深い十二支ですが、案外知らないのも十二支なんですよね。
日常生活のちょっとした時に、今回の記事の内容をふと思い出していただけると嬉しいなと思います。

拍手[1回]

PR

2019/11/12 12:43 | Comments(0) | 占い
般若は鬼の事じゃない
嫉妬や恨みの籠った女性の顔を「般若」と思っていらっしゃる方は結構多いのではないでしょうか。そう思っている方の中には「なぜ般若心経っていうの?」と疑問に思っていらっしゃる方もいらっしゃると思います。


そもそも「般若」とは鬼の事ではありません。
「般若」とは仏教用語で「仏の叡智」という意味です。

ではどうして「般若=鬼」となったのかというと、昔、優秀な能面師がスランプに陥った際に願掛けとして「般若」と改名したのですが、その後、この能面師の作品が評判となり素晴らしい作品を残しました。この能面師が絶賛されたのが鬼の面だった訳です。そのため、般若が彫り上げた素晴らしい鬼の能面=般若の鬼面=般若の面となり、嫉妬や恨みの籠る鬼女の面を般若と称するようになったとか。


ですから、怖い顔をした女性を般若と称するのは「仏の叡智」と言っているという事なのですよね。


では、鬼女のような女性を見て何と評するか。


陰陽道では人の身で嫉妬や恨みつらみを募らせて鬼(悪霊)に変じる途中の状態を「生成り(なまなり)」と言います。
「鬼」とは死霊の事を指すものですので、鬼のような人を評すならば「生成り」とするとしっくりきます。この「生成り」の先にあるものが「鬼」とされていますので、嫉妬や恨みつらみを抱え続けた結果、人ならざるものへと変じるかもしれません。


努々、負の感情を後生大事に心に留められませんよう。


拍手[0回]


2019/10/27 13:34 | 日常
人に嫌われにくい人の特徴
そこそこ長い間SNSを眺めてきて思った事は、人に嫌われやすかったり、人と衝突しやすい人の特徴がぼんやり見えてきました。

その内の一つは「言葉遣い」です。

例えば、自分が嫌いなものや嫌いな事柄に対して「私、それ嫌い」と率直に伝える方は、人に嫌われやすかったり、人と衝突しやすい傾向にある方が多いようです。



その逆に、嫌だと感じたとしても直接伝えないタイプの方は比較的、万人に受けが良いのですよね。



はっきり申し上げると、人が好きなものを楽しそうに語っている時に、その人に対して自分はそれが嫌いだと主張する必要はありません。


自分が嫌いなものは嫌いでも良いんです。
でも、人が好きなものを「嫌い」と切り捨てられれば、誰だっていい思いはしませんよね。

どうしてもそれが嫌いな場合は相手に不快な思いをさせないような言葉を使いましょう。

「嫌い」は完全なる拒絶の意思を含みます。
こういう時には、「嫌い」よりも柔らかく且つ嫌いであることを伝える言葉に変換して、例えば「そういうのが好きなのね。私とはちょっとだけ趣味が違うかな」と伝えれば拒絶というよりも「私は苦手だけれどあなたの好きは尊重しますよ」とう意味になりますので、相手に対して必要以上の不快感を与えずに済みます。



何かを断るときも同じです。
「それ、嫌いだから行かない」よりも「ちょっと私はそれに興味を持てないから、またの機会に」とすればやんわりとしたイメージになります。



相手に不快な思いをさせないという気持ちと言い回しをするだけで、随分と相手に与える印象が変わるものです。



ちなみに。
相手に対して直接的な拒絶や感情任せの発言をなさる方の中で、持論を受け入れない人間は敵視する方は「一匹狼だから」や「独立心が強いから」と自称される事が多いのです。
これまでそうした方を見てきて感じたのは基本的に構ってちゃんなのに、人とのコミュニケーションが下手な方が多いようです。

本当に一匹狼の方は自分に自信や信念、覚悟があるため他人の言動にも寛容です。わざわざ他人に噛み付いたり、人の上げ足をとったり、持論をぶつけることはありません。




人に好かれたいのならば直接的な表現ばかりではなく、その言葉の意味は伝わるが棘を抜いたものとして伝える事をなさってみると相手が持っている自分に対する印象を変えることは可能でしょう。

怒ったヤマアラシや牙を剥いた虎には誰も近づきたくないでしょう?
でも、丸まったハリネズミには棘があっても何となく触ってみたいし、牙があってもジャレついてくる猫には何となく触ってみたい。

人の言葉もそれと同じようなものですよ。


拍手[0回]


2019/10/26 16:44 | 日常

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]